拍手お返事

戻る管理用リロード



  2020/06/09 res
2020/06/01

>>20時
読んで下さってありがとうございます!
クアスとユーニはおとぎ話のように「ふたりはいつまでも幸せに暮らしました」で特に波乱もなく、続きは難しいのです。
強いて言えば日常でしょうか。
せっかく読みたいと言って下さったのに、すみません。おいおい考えてみますが、やっぱり長編は難しいかと思います。ごめんなさい、
NO.105:2020/06/10 (wed) 00:31



  2020/06/01 res
2020/05/30

>>23時頃

こんにちは、メッセージありがとうございます。
テーマが「くっころ」だったので、あのようなあらすじと内容に。今時重い話は受けないだろうと思いながらも頑張って書いたので、たくさんの方に読んで頂けとても嬉しかったです。
BLに女性キャラは……と倦厭されがちなのですが、読む人がどこのポジションに共感を覚えるか考えてみて、読む人に寄り添えるサブキャラに女性をおくようにしているのですが、どうだろう……といつも迷っていたので、気に入って頂けてとても嬉しいです!
アンネットは続編の『騎士の贖罪異聞 恋着』と同人誌版の書き下ろしに少々。元気にもりもり食べておりますw
余命宣告がなされているので、近い将来には……なのですが、彼女は最後まで幸せに愛されて暮らせます。

年齢はですね、読む人に判断して頂こうかと思っております!
電子版の絵師さんの蔦木さんのリュシオンは比較的年齢高めで、同人誌版の絵師さんのらんこさんのリュシオンは年齢低めなのではないかと。その辺も読む人の好みで調整可能でリュシオンは14〜18歳くらい、将軍は30前半から40手前くらい?でお好きな年齢を想定して読んで頂けたらいいなーと思っています。
この時代の人は結婚が早かったでしょうしリュシオンはいいおうちの子なので、お父さんも結婚が早かったかもしれません。そういうのも想像の余地があって楽しいかなーって。14歳くらいのリュシオンと18歳くらいのリュシオンだと背徳感が格段に変わりますよね。
どちらとも取れるように性格もちょっとひねりました。
読む人によって罪深さのレベルが変わっていくとは奥深い楽しみ方ができるのではないかと。これも絵で訴える漫画と違って小説の楽しみ方のひとつじゃないかなって考えてます。

とても久しぶりにご感想を頂いて、舞い上がっております。ありがとうございます。
最近あまり意欲がわかず、裁縫ばかりしていたのですが、もうちょっと頑張ろうかなって前向きな気持ちに。
今後は個人サイト、Kindleメインでの活動になりそうですが、よろしければ思い出した時に、また遊びにいらしてください(*ˊᗜˋ*)
NO.104:2020/06/01 (mon) 00:18



  2020/04/22
2020/04/21
>>08時
すみません、公開終了したので撤去しました。なのでリンク先はありません。
紛らわしいので、元の案内も削除しておきますね。お知らせして下さってありがとうございます。
NO.103:2020/04/22 (wed) 00:07



  2020/02 res
2020/02/02
>>ふきさん
すごくお返事が遅くなってしまって申し訳ないです……!
滅多にメッセージなんかこないので油断を。ごめんなさい。
不慣れで初々しいのって、書くの難しくて、そして何故か私もとても恥ずかしくなりますが、だいすきなシチュです!いいですよね〜(*ˊᗜˋ*) らぶらぶもじもじかわいい……!
繁栄パートもいつかどこかで。本当時間が欲しいです。もしくは私がUSB接続できるようになって寝ている間に吸い出して自動筆記できるようになりたいです……!
NO.102:2020/03/17 (tue) 23:55



  2019/12/21 res
思ったよりヘルムートと姉上のなれそめを読んで頂けたようで、とても嬉しいです。ありがとうございました。
二話目に『ヘルムートは思い遣り深く優しく、何よりディートリントを心から愛し、彼女の強がりなうわべだけではなく、優しい内面にも気付き大切にしていた。』って一文があったんですが、これだけでは分からないですよね。とにかくノエリオの前では涙を見せない、ノエリオを守ろうとする姉だったので、可愛いところがなかったな、と。
ディートリントの可愛いところはヘルムートと両親とノエリオだけが知っている、みたいな感じです。

2019/12/18

>>22時
最後まで「この話は面白いと思って頂けてるんだろうか……」と自信をなくした状態で、でもちゃんと完結しなければ、という気持ちで書き続けていました。
完結してから感想を頂けるようになって、頑張って良かったって気持ちでいっぱいです。
犬の部分を減らせばもうちょっとコンパクトにまとまったかも……とは思っていたのですが、犬を飼った事がない私の全力犬ドリーム小説なので、初志貫徹してしまいました。彼らがいてよかったと言って頂けるなら、とても嬉しいです!
こちらこそ、読んで下さって、最後までお付き合い下さってありがとうございました(*ˊᗜˋ*)

>>23時
自分だけの楽しみで若ハゲ王子×姉上を書いていたんですが、思わぬ反響が。
読んで下さってありがとうございました!

2019/12/19

>>00時
姉上のお話でしょうか。読んで下さってありがとうございます!
ノエリオとクラエスの冒頭の求婚シーン、晩夏の森の大狼の正体、姉上の可愛いところなんかを知ってからもう一度読み直すと、また違ったお話に見えるかもしれません(*ˊᗜˋ*)
お時間のあるときにまた一話目から読んで頂けたら嬉しいです!

2019/12/21

>>ミシンさん
たくさんのご感想ありがとうございます……!

『愛しくて愛しくて憎い、俺のアマデウス』って映画アマデウスにあったなって思いながら書いていました。
魔女も兄上も、きっとこの感情にずっと苛まれていたんだと思うんです。
魔女に関しては、彼女は全てを諦めていたとも。
王が自分をどんな目で見ていたのか、多分戦争中から気付いていたと思います。一方で王が何故、それだけ尽くしてくれた彼女を恐れたのか、拒絶したのかを書くには、これはBLなのではしょるしか。
そこを詳細に書くと誰が主人公なのかぶれますよね!
ディートリントのお話もよんでくださってありがとうございます!
他キャラの話は番外編で細々くらいがいいかなって思ってます。

ルルティアさんをご存じの方がいるとは………。今ひとつメジャーなのかマイナーなのか分からないアーティストですよね。だいたい通じない。
「ロスト・バタフライ」を初めて聞いた時にあのウィスパーヴォイスに魅了されて、以来もうずっと大好きです。
「ゆるぎない美しいもの」、考えてなかったけれど、いわれてみれば……。大好きなアーティストさんの曲のイメージだと言っていただけて、嬉しいやら恥ずかしいやら……ありがとうございます!
新装電子版も読んで下さってありがとうございます。一夜先生はリリからお世話になっていますが、世界観をとてもくんでくださっているなって……。プロの先生がすごいのか一夜先生がすごいのか。一夜先生がすごいんだと思っております!

楽しく手芸もやっております!
可愛いものが大好きなんですがもういい歳なのと似合わないのとで、小物と布は全力で可愛いものを選んでしまいます……!
私刺繍が大好きなのに、自分でできないので……ミシンさんのがま口、拝見しましたよ!編み物と刺繍はできる人をものすごく尊敬します。

たまにはからんでやってくださーい!
ミシンさんも、来年も素敵な年になりますように(*ˊᗜˋ*) ちょっと早いけどよいお年を!
NO.101:2019/12/22 (sun) 18:12






キーワード:  

Blue+Cross